専門家がこだわる漢方と健康食品☆大切な人の為に

アクセスカウンタ

zoom RSS 今夜、間に合う!?ED相談 多彩な愛情表現も可能に

<<   作成日時 : 2016/12/17 09:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 まずは、試しに1度だけ(匿名可)



 死ぬまで・死ぬほど―

「えっ…」「今まさに、そこは自分のものでないように、静まり返っている」

 医学博士でもあった渡辺淳一の、中高年の性を題材とした新聞小説『愛ふたたび』が話題となったのが2013年。週刊誌はこぞって「死ぬまで現役!」と、ロングランで特集記事を連載しました。その翌年2014年に、前立腺癌で80歳の生涯を閉じてからも、大手週刊2誌が、更に先を競うように「死ぬまでSEX」「死ぬほどSEX」と特集を続けています。個人差はあるものの、女性を何度でも歓ばせたい、いくつになっても女性を満足させる男でありたい−。世の男性にとっては、永遠の課題なのかも知れません。人生90年が当たり前となり、今や医学の世界でも、中高年の性の問題は、避けては通れない、ひとつのテーマとなっています。

 バイアグラ愛用者も絶賛♪

 この種の話題は、とかく興味本位に扱われる事が多く、男性週刊誌などから不確かな情報を得ている方もたくさんいます。陰茎の血管拡張を起こす化学物質の急速な分解を阻害することによってED(勃起機能の低下)を改善する医薬品、バイアグラの登場によって、ようやく医学的な見地から語られる機会が多くなってきたのは喜ばしいことですが、事前に医師による問診、採血、必要に応じて心電図などの検査を受けなければならず、心臓病や肝臓病などの理由で使用できなかったり、越えなければならない関門も少なくありません。副作用による死亡例もあり、勝手な判断や海外からの個人輸入などは大変危険です。「まだ、それ程でもないし、副作用も心配だから」と、漢方を希望される方も大勢います。

 即効性が魅力の動物生薬

 歴史上の有名な人物が、精力を維持・増進するためにさまざまな漢方薬や民間薬を使ったと言う話は非常にたくさんありますが、そんな折、黄門様が印籠に入れていた、と言われる牛黄(ごおう)と、信玄公も好んで食した、と言われる牡蛎(ぼれい)などの動物生薬を取り入れた養生法が話題です。牛黄は心臓の働きを強め、ウィルス感染を防いだり、精神を落ち着かせ、肝臓を保護する作用などがあり、漢の時代の『名医別録』には、長期に服用すれば新陳代謝を盛んにし、寿命をのばし、物忘れしなくなるとの記述があります。一方、牡蛎は古くから滋養強壮に役立つ食材として知られており、「性ミネラル」の異名をもつ亜鉛が豊富です。天然成分でありながら「短時間に兆候を実感できる」「継続により、朝の兆候も復活した」と、バイアグラ愛用者からも多くの支持を集めています。

 兆候は1時間後?!

 漢方と言いますと、長く飲まなくては効果が無いのではと思われがちですが、1時間から2時間前に服用するだけで、変化を体感できる人も多く、『漢方のバイアグラ』?と、大きな期待を集めています。食事が身体の栄養であるならば、性は心の栄養。人生の午後を愉しむマストアイテム(必需品)です。夫婦和合の一助に「まずは、試しに1度だけ」。動物生薬は、きっと貴方の漢方に対する認識を一変させる事でしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

「医学的」ダイエットの効果

今夜、間に合う!?ED相談 多彩な愛情表現も可能に 専門家がこだわる漢方と健康食品☆大切な人の為に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる