今夜、間に合う!?ED対策 バイアグラ愛用者も絶賛♪

 アニメ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」が社会現象となっています。コロナ禍にもかかわらず映画も大ヒット。衆院予算委員会で菅義偉首相が、立憲民主党の江田憲司代表代行に対し、「“全集中の呼吸”で答弁させていただく」と、主人公らが繰り出す技を引用して気合を入れる場面もありました。“全集中の呼吸”はいわゆる必殺技のようなもの。「体中の血の巡りと心臓の鼓動が早くなり、体温が上昇し、人間のまま鬼のように強くなれる」のだそうです。

 全集中の呼吸で

 「体中の血の巡りを良くして、鬼のように強くなれる」このイメージは、以前にご紹介しました強精漢方の牛黄(ごおう)や牡蛎(ぼれい)の使用感に似ています(薬剤師の筆者としては、珠世さんの妙薬の方が興味深いですが)。

 ステイホームで夫婦和合

 帰省の密を避けるため、今年の年末年始のお休みは異例の長さとなる方も少なくないと聞きます。ご夫婦で、あるいはパートナーとステイホームで有意義な時を過ごされては如何でしょうか?

 バイアグラ愛用者も絶賛

 歴史上の有名な人物が、精力を維持・増進するためにさまざまな漢方薬や民間薬を使ったと言う話は非常にたくさんありますが、そんな折、黄門様が印籠に入れていた、と言われる牛黄(ごおう)と、信玄公も好んで食した、と言われる牡蛎(ぼれい)を取り入れた養生法は有名です。牛黄は心臓の働きを強め、ウィルス感染を防いだり、精神を落ち着かせ、肝臓を保護する作用などがあり、漢の時代の『名医別録』には、長期に服用すれば新陳代謝を盛んにし、寿命をのばし、物忘れしなくなるとの記述があります。一方、牡蛎は古くから滋養強壮に役立つ食材として知られており、「セックスミネラル」の異名をもつ亜鉛が豊富です。天然成分でありながら「短時間に兆候を実感できる」「継続により、朝の“日輪刀”も復活した」と、バイアグラ愛用者からも多くの支持を集めています。

 兆候は1時間後!?

 漢方と言いますと、長く飲まなくては効果が無いのではと思われがちですが、1時間から2時間前に服用するだけで、変化を体感できる人も多く、『漢方のバイアグラ』?と、大きな期待を集めています。食事が身体の栄養であるならば、性は心の栄養。人生の午後を愉しむマストアイテム(必需品)です。夫婦和合の一助に「まずは、試しに1度だけ」。動物生薬は、きっと貴方の漢方に対する認識を一変させる事でしょう。

2020/11/9


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0