話題の“塗るグルコサミン” ひざ、腰、股関節、肩、手・足首

エミューと正面.JPG

エミューと筆者(撮影地:北海道網走市)

筆者と〝塗るグルコサミン〟の出会いは、ある健康雑誌の記事を目にした事からでした。「中国や韓国、特に米国では既に約2100万個の販売実績」「5日間試用した体験者の7割以上が痛みの改善を実感!」「10分たったころ、塗ったほうの手だけ痛みが取れてきた」「杖なしで歩けるようにりました」「ヒザの痛み、股関節痛、腰痛、五十肩、坐骨神経痛にも」雑誌には、にわかには信じ難い経験談が多数紹介されていましたが、「まずは薬剤師の自分が使ってみて」と、製品を取り寄せてみることにしました。

 ベタつかず臭いも無く

 早速試してみますと、ベタつかず臭いも無く、ス~っと肌の深部に浸透していくような使用感は未体験。かぶれなど、アレルギーの心配も無さそう。しかし、私自身に痛みは無く、効果の程は半信半疑でした。それからしばらくして、筆者は〝塗るグルコサミン〟の効果を認めざるを得ない出来事に遭遇したのです。

 「これ、塗ってみるね」と長女が

 筆者の長女が通う高校では、甲府から長野へ歩く〝強行遠足〟という伝統行事があります。かつて私自身も、夜を徹して小諸を目指しました。その強行遠足の二日前、長女が階段を、足を引きずるように上って行きます。尋ねると、テニスで、ひざを痛め歩くのもままならないとの事。そんな時、たまたま食卓の上に置いてあった〝塗るグルコサミン〟を、「これ、塗ってみるね」と持って行きました。
 長女の様子が、あまりにも辛そうだったので、「強行遠足の欠席届けを出さなければ」と思っていたのですが、翌朝「お父さん、このクリーム凄いね♪」と軽やかに階段を駆け下りて来るではありませんか。そして次の日、何事もなかったように小海までの43.2kmを無事に走破したのでした。

 飲み薬が増えない、かぶれない

 〝塗るグルコサミン〟には関節の軟骨を構成する成分のグルコサミンや、人間の皮脂と構造が似ていて、皮膚への浸透力が高いエミュー(写真・ダチョウの仲間)油などが配合されています。「塗るだけなので、飲み薬が増えない」「かぶれない」「飲み薬と併せて使える」など、使用法も簡便です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0