やせないと、膝の痛みは治りません ! 40~70代の、はじめてのダイエット

ウエストイメージ.jpg

 話題の「塗るグルコサミン」

 “痛み”や“しびれ”に悩む人たちの間で、“塗るグルコサミン”が話題です。「塗るだけなので、飲み薬が増えない」「貼り薬と違って、かぶれない」「飲み薬と併せて使える」・・・。関節の軟骨を構成する成分のグルコサミンや、人間の皮脂と構造が似ていて、皮膚への浸透力が高いエミュー(ダチョウの仲間)オイルなどを配合しています。海外の評価も高く、アメリカでは既に約2100万個の販売実績を記録する大ヒット。筆者も試してみましたが、ベタつかず臭いも無く、ス~っと肌の深部に浸透していくような使用感は未体験でした。

 膝に水が溜まって痛い

グラウンドゴルフをしている時が何よりも楽しい」とおっしゃるTさん(66)はご近所で評判の明るい奥様。書道もなかなかの腕前で、地域の文化祭で賞状をもらったこともあります。ところが最近、Tさんの表情がさえません。「膝が痛くてグラウンドゴルフができません。変形性の膝関節症と診断され、注射で水を抜いてもらっても、またすぐに溜まってしまいます。お習字の教室でも、正座が出来ないのでうまく書けず、くやしい思いをしています。整形の先生からは『手術をするにしても、体重を落とさなければ意味が無い』と指摘され、『飲むだけでやせる』という錠剤を買って飲み、コンニャクと味噌汁だけの食事を続けたら目が回ってしまいました」

 服を買うより、やせてみる

 春の結婚シーズン、花嫁だけでなくお母様もご一緒に減量されたり、「久しぶりに親戚や友人が一同に会するから」と、ダイエットをはじめられる方も大勢おいでです。漢方を飲みながら食習慣を工夫する“医学的”ダイエットでは、2~3週間という、わずかな期間でも、5~10㌔(下腹部は4~8cm)減の大幅な減量も、身体に無理なく可能となります。

 脂肪が手術の邪魔に

 この“医学的”ダイエットの手法は、「近々、(胃潰瘍など腹部を切開する)手術があるが、あの腹では脂肪が厚すぎて手術がやりにくい。短期になんとか腹部の脂肪を減らすことができないか」という執刀医からの要望に応えるかたちで考案された経緯があります。手術を控えている患者に、健康を害するようなことをさせるわけにはいきません。ですから、この減量法で、短期間に大幅に体重が減少しても、疲れやすくなったり、シワになったりすることがないのです。

 2~3週間で5~10キロ減

 ダイエットといいますと20~30代の若い方のものと思われがちですが、“医学的”ダイエットにおいては40歳以降の方々の健闘が目立ちます。特別な運動を必要とせず、代謝を高めながらやせられる事から、特に40~70歳代の方々にお勧めします。早くも、15㌔以上の減量に成功されたTさんが、再びコートに立つ日も間近です。