専門家がこだわる漢方と健康食品☆大切な人の為に

アクセスカウンタ

zoom RSS ポッコリ腹がペタンコに♪ 40〜70代の、初めてのダイエット

<<   作成日時 : 2018/10/08 15:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


  医者から「やせろ」と言われ

 「健診で、血圧、血糖、コレステロールが高いと言われ、再検査を勧められています」「まだ、(血圧や糖尿の)薬は飲みたくないし、『まず、やせてみては』と言われたので…」@医師から減量をすすめられたA結婚式などイベントが近く、今まで着られた服がきつい、ポッコリした下腹部が見苦しいB体重を支える負担が大きく、ひざの痛みがなかなか良くならない。

 “医学的な裏付け”大切

 肥満を解消して得られる効用には色々ありますが、なかには「引っ込み思案だった息子が、やせたら、彼女ができ、就職も決まって結婚した」という話もあります。巷には様々な減量に関する情報があふれていますが、“医学的な裏付け”のある健康的な方法を選ぶことが大切です。そして、あれこれと案ずるより、2週間程度、集中して「まず、やせてみる」ことです。

 猛暑で“夏太り”
 
 「過去最高」「観測史上初」様々な記録を塗り替えた今年の猛(酷)暑。しばしば「命の危険」を感じるほどに、すさまじいものでした。例年ですと、夏の暑さで食欲が減退して、ダイエッター(減量中の人)には“恵みの暑さ?”となるのですが、今年は状況が違います。未曾有の酷暑の中、「夏バテしないようにと、少し食べることを油断したら、反対に食べ過ぎて太った」「日課のウォーキングを、熱中症にならないようにと中断したら、みるみる体重が増えた」。9月に入ってから“夏太り”の相談が急増中です。

 オバサン体型の恐怖
  
「何を食べても太らない体質」と思っていたのに、最近では下腹のタルミがいささか気にかかります。以前なら、冬に少々太っても、夏の盛りには食が細って、結果、元に戻っていたのが、今はなかなか戻ってくれない。子供を産んで身体の線が崩れ、体重はそれほど増えたわけではないのに、肉の付き方が変わったと言うか、気をつけているのに腰の周りに肉が…。何となく“オバサン体形”に近づいているようで恐怖。

 中高年に過激なダイエットは禁物

 だからと言って、「ご飯やパンなどを、ほとんど食べない(糖質制限ダイエット)」「一日一食しか食べない(一日一食健康法)」などということが、簡単にできるはずもなく、いわんや、夏バテ気味の40代〜70代の中高年には不可能です。

 2〜3週間で“変化”を実感

 体質に合わせた漢方と、食習慣を工夫することで、2〜3週間で5〜10キロの減量も身体に無理無く健康的に可能となる“医学的ダイエット”。「40〜70代も、らくらく実行可能」「しっかり栄養を摂りながら、やせられる」「特別な運動なしで、薬を飲んでいても、やせられる」「下腹やウエストの減少が大きい」と、大好評です。やっと朝晩は秋の気配を感じられるようになりました。これからは、結婚式や学校行事など、人前に出る機会が増える季節でもあります。「夏バテと夏太りを同時に解決」。また新たな“医学的ダイエット”の意義が見出だされそうです。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

「医学的」ダイエットの効果

ポッコリ腹がペタンコに♪ 40〜70代の、初めてのダイエット 専門家がこだわる漢方と健康食品☆大切な人の為に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる