服を買うより連休中に、やせてみる ! 40代~70代の、はじめてのダイエット

画像


 脊柱管狭窄症が急増中

 「腰、おしりから膝にかけて、体の後ろ側に痛みやしびれがある」「しばらく立っていたり歩いていると、脚に鉛が入ったようにだるく、重くなり、時には痛くなる」と訴える“脊柱管狭窄症”。歩くうちに症状が強くなり、足が前に出せず、動けなくなりますが、しゃがんで少し休むと、症状が軽くなってまた歩けるようになります。

 肥満女性に多い膝の痛み

 「正座をしたり、長く歩いたり、階段の昇り降りを繰り返すと、膝が腫れぼったくなり痛む」「膝の曲げ伸ばしをすると痛みが強くなり、ギシギシと音が聞こえることがある」のが“変形性膝関節症”。症状が進むと水が溜まって腫れ、正座や階段の昇降が出来なくなります。ガニ股となって、膝が伸びなくなったり、歩くとき横にずれたりするようにもなります。

 話題の“塗るグルコサミン”

 痛みやしびれに対して“塗るグルコサミン”が話題です。「塗るだけなので、飲み薬が増えない」「かぶれない」「飲み薬と併せて使える」などの理由から、一度“塗るグルコサミン”を試されては如何でしょう-。

 両膝を手術したが

 さて、笑顔でお孫さんの送り迎えするY江さん(62歳)の長年の悩みは膝の痛み。農作業で身体を酷使したせいもあってか、しばしば腫れて痛みます。近所のお医者さんに、たまった水を抜いてもらうと、しばらく良いのですが、少し経つと同じ事の繰り返し。そこで一昨年、思い切って両膝を手術してもらいました。

 やせないと、治りません

 腕が良いと評判の先生を紹介してもらい、一大決心の入院でした。手術も無事に済み、リハビリも順調に進んで、痛みからすっかり開放されました。ところが、それから半年。また、忘れていた“痛み”を感じたのです。「手術に何か上手く行かない点があったのか?」不安になって手術をして頂いた先生を訪ねると、明らかに不機嫌そうに先生が「手術はとても上手く行きました。でも、やせないと、膝の痛みは治りませんよ」と。

 日曜・連休中も“測る会”を実施
 
 「病院で『やせろ』と言われたが、どうやったら良いのかわからない」「健診前に、自分がどの程度メタボなのか知りたい(健診日までにメタボを解消したい)」そんな皆さまからのご要望に応えて、“無料で貴方の脂肪(メタボ度)を測る会”というイベントを開催(日曜・連休中も予約可)しています。“測る会”では、最新鋭の医療用測定機器を駆使して、内臓脂肪・骨強度・血管年齢などを測定して、最も効率的な減量法をお知らせしています。

 更年期太りに負けない
 
 「更年期で太った」「体重は変らないのに、以前と肉の付き方が違う」「血圧、血糖、コレステロールが高い」「まだ、血圧や糖尿の薬は飲みたくない」「インスリンや透析は、いやだ」「ひざの痛みが治らない」。やせようと決心した理由は各人色々です。巷には様々な減量に関する情報があふれていますが、“医学的な裏付け”のある健康的な方法を選ぶことが大切です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0