話題の「塗るグルコサミン」 脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)が急増中②



 痛いところに、塗るだけで

 立つ、座る、歩く。日常の、ちょっとした動作に悩みを抱えている人に大好評な“塗るグルコサミン”。気になるところに直接塗る白色のクリームには、関節の軟骨を構成する成分のグルコサミンや、人間の皮脂と構造が似ていて、皮膚への浸透力が高いエミュー(ダチョウの仲間)油などが配合されています。「塗るだけなので、飲み薬が増えない」「貼り薬と違って、かぶれない」「飲み薬と併せて使える」など、使用法も簡便です。

 5日間の使用で7割が改善!?

 筆者と“塗るグルコサミン”の出会いは、ある健康雑誌の紹介記事を目にした事からでした。「中国や韓国、特に米国では既に約2100万個の販売実績」「5日間試用した体験者の7割以上が痛みの改善を実感!」「10分たったころ、塗ったほうの手だけ痛みが取れてきた」「杖なしで歩けるようにりました」「ヒザの痛み、股関節痛、腰痛、五十肩、坐骨神経痛にも」。にわかには信じ難い経験談が多数紹介されていましたが、「まずは薬剤師の自分が使ってみて」と、製品を取り寄せてみることにしました。

 ベタつかず臭いも無く

 さっそく試してみますと、ベタつかず臭いも無く、ス~っと肌の深部に浸透していくような使用感は未体験。かぶれなど、アレルギーの心配も無さそう。しかし、私自身に関節の痛みは無く、効果の程は半信半疑でした。

 このクリーム凄いね♪

 ところが、“強行遠足”直前に膝を痛め、歩くのもままならなかった長女(下の画像)が使用してみると、翌朝には「お父さん、このクリーム凄いね♪」と軽やかに階段を駆け下りて来られるまでに回復。そして次の日、何事もなかったように、高根→小海の43.2㌔(当時)無事完走し、“塗るグルコサミン”に対する認識を一転させたのでした。

 ナオラナイ薬局と呼ばれ

 実際に“塗るグルコサミン”を使用した皆様から、毎日のようにお手紙(下の画像)を頂戴します。「すぐに効果があらわれたので、何人かの人に分けてあげました。その人達も痛みが和らぎ早速買い求めたと聞きました。良いことを推める際、飲み薬でないことを言い安心して使用できる事を伝えました」「半信半疑で使用してみた所、本当に数日で足の痛みが楽になりました。足の内側(膝)の部分が少し変形して、はれている状態だったのですが、ここの所、少し、はれが引いているような気がします」。多くはお褒め頂く内容で、記事や長女の体験とも合致しますが、中には「全く効果も変化もなし。(ナオラナイ薬局)」「脊柱管狭窄症は1週間程したら少しずつらくになってきましたが、肩の方は今でも、痛くて苦しんでいます」(表記は、記載のまま)と、お叱りを受けることもございます。

 痛みに寄り添って

 筆者の専門の漢方は、痛み止めや湿布などと違い、その方の体質や症状に合せて使い分ける「寄り添う、個の医学」です。お叱りの言葉にこそ、良く耳を傾け、残り3割の方にも、一刻も早く苦痛から解放されて頂けますよう、真摯に研究を続けて参ります。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)