悩むより2週間で、やせてみる お見合い・選挙・就職試験

画像


 1万人超が成功

 筆者自身(画像)の約20㌔の減量体験に基づくカウンセリングが減量希望者の心の琴線に触れたのか、おかげさまで“医学的ダイエット”により、1万人を超える13歳~83歳の方々に健康的にやせて頂きました。

 選挙までに10㌔やせる

 前にもお話しましたように、筆者は、仕事を終え、近所のサウナ付き温泉へ通うのを日課としています。源泉から贅沢に溢れる、かけ流しの湯が、手頃な料金で堪能でき、明日への活力が沸いて来ます。以前のこと、脱衣場で、ホロ酔い気分で話しかけて来られたのは常連のSさん。「先生、このネエちゃんに、やせ方を教(おせ)えてやってくりょうし」。Sさんが差し出した名刺に目をやると、そこには、近々選挙に立候補すると噂されている人物の写真が。「選挙までに10キロやせてぇだと」「ふんじゃあ、先生んとこで、やせ方を教(おそ)わりゃあ、いいじゃんねぇ」と、Sさん。伺えば、ここの温泉の広間でやっている無尽の席に、お仲間に伴われて挨拶に来たのだそうです。

 休み明けに二段腹が出現

 いよいよ松も明けました。「去年は7号が入ったのに、今は11号でもきついかも」「本当の私はもう一回り細い!(はず)」久々に浴室の鏡の前に立って全身を眺めてみると、以前よりポッコリしたお腹にがく然となっていませんか?都知事選の候補者には、あまりメタボな方はいないようですが、選挙の候補者も、“見た目”に無関心では、いられない時代です。「就職試験で、『自己管理が出来ない人』『不健康な人』と思われそうで」「お見合いが上手く行かないのは『太り過ぎのせい』と言われて」…。そんな理由で、新年に減量を始めた方も大勢います。体重オーバーが2㌔を超え、一定期間を過ぎると、身体の中の体重計の針が2㌔増にセットし直され、その体重を保とうとします。ですから、“正月太り”が定着してしまわないうちに解消する事が重要なのです。

 無料測定会を実施

 「本当に20㌔、やせられますか」「薬を飲んでいても出来ますか」「血圧や血糖値が下がりますか」「お腹を集中的に、へこませますか」「リバウンドしませんか」…。そんな疑問や不安にお応えすべく、“無料で貴方の脂肪(メタボ度)を測る会”というイベントを開催しています。最新鋭の医療用測定機器を駆使して、内臓脂肪・骨強度・血管年齢などを測定し、健康的な減量法をアドバイスさせていただきます。

 2~3週間で5~10㌔減

 「体重は変らないのに、以前と肉の付き方が違う」「下腹や下半身がすごい」。40歳を過ぎると、ホルモンの分泌量が急に少なくなり、更年期障害や骨量減少などが起きやすくなります。このような時、自己流や医学的な裏付けのないダイエットは危険です。体質に合わせた漢方で脂肪の代謝を促進させ、食事の栄養バランスと摂取カロリーを工夫すると、2~3週間で5~10㌔減と、わずかな期間に大幅な減量も健康的に可能です。大切なことは“不本意な状態(下腹?)”を放置しないこと。現実を直視して、素早く行動に移すことが大切です。まずは“無料で貴方の脂肪(メタボ度)を測る会”で現状の確認を。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0