専門家がこだわる漢方と健康食品☆大切な人の為に

アクセスカウンタ

zoom RSS お母さんカッコよすぎ〜♪ 2週間で5キロやせた「花嫁の母」

<<   作成日時 : 2017/08/11 10:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


 山中湖でペンションを経営されているSさんの奥様とお嬢さまは、1ケ月後のお嬢様の結婚式を目標に親子で“医学的ダイエット”に挑戦しました。お嬢様(27歳)の体脂肪率はややオーバーの28%に対して、お母様(56歳)は少々厳しい36%。コレステロールと中性脂肪も高く、健診で肝臓の脂肪を指摘されています。2週間後、「独身最後の飲み会の連続が痛かった」とおっしゃるお嬢様は3キロ少々と伸び悩んでいるのに対し、お母様はいきなり5キロに迫る勢い。「主人の食事の味見にも、飲み込まずに出しました」と、厳密な取り組みがよい結果につながったのでしょう。

 56歳の母が大幅減量

 ジューンブライド(六月の花嫁)となり、多くの花嫁が式に向けてダイエットに取り組んでいらっしゃいます。後悔しても、結婚式はもう二度と出来ない、一生に一度の晴れ舞台。参加者全員にジックリ見られる式の主役として、美しくありたいという思いは当然のことでしょう。また、「写真で残るので後悔したくない」というお声もごもっともです。花嫁だけでなく、お母様もご一緒に減量されたり、「久しぶりに親戚や友人が一同に会するから」と、ダイエットをはじめられる参列者の方も大勢おいでです。

 花嫁は、やせて排卵も順調に

 しかし、「食べないダイエット」をはじめとする自己流や、医学的な裏付けのない間違ったダイエットを行いますと、栄養失調やホルモンのバランスを崩して、貧血や生理不順、肌荒れなどの原因となりかねません。結婚・妊娠・出産と、大事を控える花嫁さんならずとも大問題です。一方、肥満もまた、大きな不妊要因となりますので、結婚前にぜひ解決しておきたいものです。ホルモンというのは、体重に合わせた量が必要です。つまり、体重40キロの人と70キロの人が同じ量のホルモンを出していたのでは、体重の重い人の方は足りなくなってしまいます。ですから、ホルモンが有効に働く範囲にまで体重を落とす必要があるわけです。「幸せ太り」で10キロ近く太ったりしたら、ほぼ確実に排卵障害が起きている考えたほうがよいでしょう。更に申し上げれば、仮に妊娠したとしても、肥満は妊娠中毒症や難産になりやすくなりますので、妊娠する前から標準に近い体重に戻しておくことが大切なのです。

 運動なしでも減量可能
 
 ダイエットといいますと20〜30代の若い方のものと思われがちですが、私共が実践しております“医学的”なダイエットにおいては40歳以降の方々の健闘が目立ちます。体質に合わせた漢方薬で肝機能を高めて脂肪代謝を促進させ、食事の栄養バランスと摂取カロリーを上手にコントロールすると、2〜3週間で5〜10キロ(下腹部は4〜8cm)減と、従来では考えられなかたようなわずかな期間に大幅な減量も可能となります。特別な運動を必要とせず、代謝を高めながらやせられる事から、当薬局で20000人以上の方が成功されたこの方法を、特に40〜70歳代の方々にもお勧めします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

「医学的」ダイエットの効果

お母さんカッコよすぎ〜♪ 2週間で5キロやせた「花嫁の母」 専門家がこだわる漢方と健康食品☆大切な人の為に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる