専門家がこだわる漢方と健康食品☆大切な人の為に

アクセスカウンタ

zoom RSS 「粘り気のある鼻水が喉に落ちる」後鼻漏も、やせてスッキリ♪<3>

<<   作成日時 : 2017/03/26 12:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


 「粘り気のある鼻水が喉にへばりついて気持ち悪い」「鼻水(痰)が喉に落ちる」「痰が、からんで咳き込む。頻繁にティッシュが必要」「口臭が気になる。鼻が臭う」「仰向けに寝ると鼻が詰まる。詰まった方が上になるよう横向きに寝ると一時は通るが反対側がまた詰まる」などの症状でお悩みの方が急増中。後鼻漏(こうびろう)と呼ばれる、これらの症状は、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)などが原因となっていることが多く、抗生物質などで一時的に症状が軽くなっても、しばしば再発します。常に喉に痰が、からんで気持ち悪く、味や匂いが分からなくなったり、鼻が臭って話す時に気になったりと、鬱陶しい病気です。

 肥満と後鼻漏を同時解決

 下腹が太く、脂肪が多い方にしばしば使われる減量漢方は、肥満だけでなく、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)も治してくれる働きもあります。ですから、「減量のために漢方を飲んだら、体重が落ちただけでなく鼻水が喉に落ちることも無くなり、いびきも減って良く眠れるようになった」と言うお声をしばしば頂きます。「肥満と後鼻漏を同時に解決」こんなところが、漢方の不思議さであり、魅力のひとつなのです。

 2〜3週間で5〜10`も

 さて、卒業式や入学式など、年度替わりは、かしこまった服装で出席しなければならない行事が増えて参ります。クローゼットの中から取出した春物の一着に腕を通すと「どう考えてもキツイ」「どっから見ても太く見える(実際太い)」「あと、少し、やせれば、カッコ良く着られる服がたくさんあるのに」と、ため息をついてませんか?そんな時には、新しい服を作るのではなく、今ある服が着られる体型に戻しましょう。漢方を飲みながら、食習慣を工夫する“医学的”ダイエットでは、2〜3週間という、わずかな期間でも、5〜10`の大幅な減量も、身体に無理なく可能となります。

 脂肪が手術の邪魔に

 もともと、この“医学的”ダイエットの手法は、「近々、(腹部を切開する)手術があるが、あの腹では脂肪が厚すぎて手術がやりにくい。短期間になんとか腹部の脂肪を減らすことができないか?」という執刀医からの要望に応えるかたちで考案された経緯があります。手術を控えている患者さんに、わずかでも健康を害するようなことをさせるわけにはいきません。ですから、この減量法によって、短期間に大幅に体重が減少しても、体力が落ちて疲れやすくなったり、シワになったり顔色が悪くなって不健康なイメージになったりすることがないのです。

 併せて使いたい「美肌漢方」

 以前、「しみ、しわ、たるみに美肌漢方」と題して、“漢方の美容効果”についてお話しをさせて頂きましたが、亀板(きばん←ルビ)や鹿角(ろっかく←ルビ)をはじめとする美肌漢方は、ダイエット時に併用すると、血の巡りを活発にし、ホルモンの分泌を促し、自律神経を整えるなどして、下腹部だけでなく、首や顎、頬や目の下などフェイスラインの引締めにも寄与します。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

「医学的」ダイエットの効果

「粘り気のある鼻水が喉に落ちる」後鼻漏も、やせてスッキリ♪<3> 専門家がこだわる漢方と健康食品☆大切な人の為に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる