専門家がこだわる漢方と健康食品☆大切な人の為に

アクセスカウンタ

zoom RSS アガリクスとメシマコブ 韓国のメシマコブ原料メーカーが来県

<<   作成日時 : 2016/11/10 17:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


 不幸にして、重いご病気になってしまった方の8割以上が、アガリクスやメシマコブなど、いわゆる健康食品を治療の一助に取り入れていると言われています。中には、医療関係者のご家族や、場合によってはご本人が飲まれているケースも少なくありません。漢方や健康食品などの、代替医療に関する研究を推進する学会も多く、医師も、実際に免疫力が改善したり、副作用が軽減された患者さんの様子を見る機会が増えるにつれ、「良いと思ったら、試してみたらどうでしょう」と、助言するケースが増えているようです。

 本物とニセモノ?

 仕事柄「アガリクスとメシマコブ、どちらを選べば良いですか?」と言ったご質問をよく頂戴します。残念ながら、どちらも日本国内では食品であり、「どちらが効く」というような尺度で比較することは難しいのですが、メシマコブに関して申し上げれば、国によっては医薬品として流通しておりますので、本物とニセモノとまでは言いませんが、良い品質のものと、そうでないものとを見分ける手法が、国際的に確立しているという点で、選びやすいという事情はございます。また、医師の管理下にある患者さんが飲用してみてどうであったのか、という情報が入手しやすいという点でも、薬剤師としてお勧めしやすい状況にあるのかもしれません。

 最新情報を直伝 

 そんな折、メシマコブの原料メーカー韓国新薬(忠南論山市)の劉載國副社長(画像 左)が、私共の薬局を訪問して下さいました。同社により人工培養されたメシマコブ菌糸体(茸の根にあたる部分)は、韓国内で医療用医薬品として流通しており、多くの医師によって病気の治療に使われています。日本国内では健康食品として流通しているため、効能・効果などの情報提供に難しい面もあり、薬学博士の肩書も持つ同副社長が、薬剤師の私に、最新の研究データを直接、パソコンなどを使って説明して下さいました。

 データに勇気付けられる

 説明では、安全性や品質の確保の為に行われている実際の試験内容や、難しいとされる、高分子の有効成分の吸収メカニズム。増殖や転移を阻止するメカニズムなどが、多くの図表を使って示され、特にマウスを使った比較試験の写真は、メシマコブ菌糸体の効果がわかりやすく解説されており、大変勇気付けられました。

 救心製薬が果たす役割

 一方、ネットに、偽物の情報や販売サイトなどが多く存在し、対応に苦慮しているとのお話もございましたので、「私自身が母親を、がんで失った経験から、重い病気で悩む本人やご家族の気持ちは良く理解しているつもりです。ネットには様々な健康情報が溢れていますが、その真贋を見抜く力が、多くの消費者にはありません。今、必要な情報を求めている人達に、正しい情報を届けます」。また、「日本のメシマは、伝統ある漢方薬メーカーの救心製薬が流通・品質に目を光らせています。同社の韮崎新工場で製品が作られていることもあり、愛着を持って、大切に消費者に届けます」と、お伝えしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

「医学的」ダイエットの効果

アガリクスとメシマコブ 韓国のメシマコブ原料メーカーが来県 専門家がこだわる漢方と健康食品☆大切な人の為に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる